淡路島しまに行く。


淡路島何回来ても癒される5月31日の朝我が家を出発する。
淡路島に向けて行く。今回瀬戸大橋を渡って行くことにした。
瀬戸大橋、何回走っても気分が良いです。
良く晴れていて、橋からの眺めが良かったです。
瀬戸大橋を渡り、高松道を走る。この辺り対面通行なのすぐ渋滞をしてしまう。
追い越しする所が来ないと先に行かれない。

松原のサアービスエリアで一回目の休憩をする。
画像


ここから、鳴門まで休憩無しで行く。
鳴門大橋、渦を巻いていなかったが眺めは良かったですよ。
渦潮管に行き、道の駅渦潮に行く。

画像


そこから、橋の下に行く。
潮の流れていて大きな川のような感じがする。
この様子で渦が巻いているともっと眺めが好いのにな。
良く晴れていて、船が通過しているので凄かったです。
画像


此処に、40分ぐらいいたかな。
次に以前に行った紫陽花園に行く。
此処へいくまで、海岸線の道を走った為予定より少し遅く紫陽花園に着く。
まだ、沢山の紫陽花は咲いていなかった。
今回で、此処に来るのが2回目です。
画像


此処で、コーヒーを貰う。
画像


赤い椅子に腰掛けて飲む。
夫婦でされているのかな仲が好かったですよ。
画像


その後、ネットで探して電話をしていたので園内を見せて貰い行くのです。
カーネーションを育てている所です。
でも、場所を探すのが凄い時間が係る。看板の花丸園と書いて無くて。
僕が、家を探していると他の方も花丸園を探されていました。それで、要約見つかりました。
行くと、家の周りの草刈をしておれれた。
収穫したばかりのカーネーションを1000円程買う。
もう、カーネーションは終わりなのでそんなに沢山は無かった。
その後、カーネーションを栽培しているビニールハウスを見させて貰う。
今、咲いているカーネーションは来週になると全部収穫するそうです。
まだ、蕾のカーネーションもだそうです。
画像
画像

最後、帰るために車に乗ろうとしていると走って来て「これもあげます。」と言われて余分カーネーションを持ってくれました。
妻君喜んでいまいたよ。


その後、今日泊まるホテル なぎさ、に向かう。
着いたのが、17時前後でした。
着くと、ホテルの周りの散策です。ホテルの前が海で海以外他に行く所が無いです。
直、隣のホテル立派でしたよ。隣のホテル料金が高そうに感じました。
画像

ホテルは、海岸から泊まるホテルを撮りました。
直、隣のホテルも撮りましたよ。
6時から夕食です。
画像


部屋の窓からの眺めが好いですよ。
画像


夕食を終えると、19時30分より海蛍を見に行くことにしていたので なぎさの のホテルのマイクロバスでで見に行く。
この、バスに他所のホテルに泊まっている方も乗って行きました。
大方、40分ぐらい過ぎた頃海蛍が生息している場所に到着する。
沢山の方が見に来ておれれた。50人から60人ぐらいの方おられた。
海蛍は、昼間海の底にいるそうです。
担当の方が、海蛍を瓶の中に沢山持っておられた。それを道路のばら撒くのです。
すると、青い光を蛍が照らすのです。とても、綺麗でした。こんなんの見たの生まれて初めてです。
僕の、手に乗せると手が青く光るのです。ばら撒いた、蛍を足で擦ると色んな模様になって見えるのです。
画像


手に乗せて撮る。
画像


帰ると、風呂に入る。
入ると、一人おられた。しばらくすると出られた。広い風呂に僕一人になる。
あまりにも、広いので泳いで遊ぶ。久しぶりに泳ぐので好い運動になりました。
外の、露店風呂。海が見えて良かったです。

次の朝、外を眺めると陽昇っていたのでその様子を撮る。
画像

朝風呂に入て朝食です。
画像


8時30分には、ホテルを出発する。
前回も、花さじきに行ったが今回も行く事にした。
広々として眺めがよく、色んな花を沢山植えていますよ。山の上なので海の眺めも好いです。

画像

沢山撮りましたが一枚だけにします。

次に、景観学校に行く。
花さじきから5分ぐらいいかれます。
ここも、大変広い学校です。
学生60名の方が学んでいるそうです。庭が凄い広かったです。庭の周りに沢山の花が植えられていました。
画像

少し遠くから学校を撮りました。
画像のアップ容量が超えてたので次のページに廻します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック